診察のご相談、ご予約は

TEL 06-6927-1144

手術、その他費用Cost Of Operationl、The Others

避妊・去勢費用

当院では、繁殖を考えていない飼い主さまには、獣医師の立場から避妊、去勢の手術を受けていただきたいと考えております。

手術をおすすめする理由は

  • 望まない妊娠の防止
  • 発情期のストレスからの解放
  • 問題行動の緩和
  • 病気の予防
    男の子:前立腺疾患、精巣と肛門関連の腫瘍
    女の子:子宮蓄膿症、乳腺腫瘍

です。

時期としては、初回発情がくる前(生後4か月頃を目安)早期に手術をするのが最適です。 その時期に手術を行うことで、病気、ストレス、問題行動の予防率が高くなり、手術の最大のメリットを得ることができます。 そのほか手術時間が短い、麻酔からの覚醒が早い、手術部位が見やすいので手術がより安全に行える、手術後の回復が早いなど動物の負担が少なくなります。

避妊、去勢手術のデメリットは、わんちゃん、ねこちゃんともに太りやすくなる傾向があります。 手術をすることで、消費カロリーが減るためです。 食事を適量に規則正しく与え、適度な運動をすることで肥満は防げます。 また、避妊、去勢手術後の肥満防止用のフードがあり、当院でも取り扱っております。

避妊・去勢手術
犬 去勢手術 20,000円~ 猫 去勢手術 15,000円~
犬 避妊手術 28,000円~ 猫 避妊手術 25,000円~

※避妊は卵巣及び子宮の摘出、去勢は精巣の摘出を行う手術です。

※避妊・去勢手術共に、手術当日の夕方以降の退院です。

※後日、抜糸のための来院が必要です。(猫の去勢は抜糸なし) 抜糸費用(500円)

※避妊、去勢手術の費用には術前検査、麻酔、手術費、内服薬が含まれます。

※避妊、去勢手術は最低限の費用の表示となっております。動物の年齢、体重等により変わります。

※その他の手術の費用に関しては手術方法などで変わりますので、一概に料金を表示することができません。 詳しくは診察時にお伝えいたします。

その他の費用

診察費用
初診料 1,500円
再診料 525円
処置費用
爪切り 300円
肛門腺しぼり 300円
耳そうじ 800円~
検査費用
血液検査 1,600円~
尿検査 1,500円
糞便検査 500円
レントゲン 2,000円
超音波検査 2,000円

※その他の診察・処置費用は、診察内容によって様々です。 そのため一概に表示することができません。 また、検査費用は、最低限の表示となっております。 検査内容などで費用が変わってきます。 詳しくは獣医師までお問い合わせください。

ペットホテル

ペットを連れて行くことのできない旅行や急なお出かけの際には、当院のペットホテルをご利用ください。 万が一、お預かり中のペットが体調を崩しても、すぐに獣医師が対応しますので、安心してご利用いただけます。

1頭につき1ケージ、衛生管理に最も適したステンレス製ケージのお部屋で冷暖房完備です。 お散歩は1日2回行います。 また、ホテルご利用中のペットドックも可能です。 ご希望の方はスタッフまでお申し付けください。

ペットホテル料金(1泊2日)
3,500円
小型犬(~10㎏) 3,500円
中型犬(10~20㎏) 4,500円
大型犬(20㎏~) 5,500円

※休診日(木曜日)および日曜、祝祭日中は15%割増料金がかかります。

―ご利用にあたってのお願い―

  • ペットホテルのご利用は原則として、当院を受診されたことのある飼い主さまに限ります。
  • 完全予約制とさせていただいておりますので、事前に受付またはお電話でご予約下さい。
    (TEL:06-6927-1144)
  • 1年以内のワクチン接種、毎月のフィラリア予防、1ヶ月以内のノミ予防を行っている動物に限らせていただきます。 他院にて、混合ワクチン接種を行っている場合は証明書をご提示下さい。 混合ワクチン接種が確認できない場合は、当院にてワクチンを接種させていただきます。 また、ノミ、ダニ予防されていない場合は、お預かり時に予防薬の滴下をさせていただきます。 院内感染防止のため、ご理解いただきますようお願いします。
  • お預かり中に、体調の急変などで治療が必要と判断された場合には、飼い主さまにご連絡しご相談の上、適切な治療を行います。 (但し、緊急の場合やご連絡がつかない場合は、当院の判断で治療を行います。) また、その場合の治療費は飼い主さまのご負担となります。
  • お預かりとお迎えは、診察時間内でお願いします。

―ご持参いただくもの―

  • お食事は、普段食べているものを1回分ずつ小分けにしてお持ち下さい。 食器はこちらで用意します。
  • わんちゃんはお散歩のときに使用している首輪又は胴輪を、ねこちゃんは普段使用している猫砂をお持ち下さい。